子どもとクリスマスツリー装飾をする場合

   

クリスマスツリー装飾は、大人はもちろんお子様も楽しめる季節イベントの一つです。毎年、家庭や教育機関の多くは、ツリーを飾っています。未就学のお子様がいる場合の注意点は、たとえ小さなクリスマスツリーでもお子様には大きく感じてしまうということです。装飾をしている際も、興奮して走り回ったりすると、転倒や衝撃を受けることで怪我につながる場合もあります。せっかく楽しみにしているイベントなので、十分気をつけましょう。
管理面では、クリスマスツリーや装飾品を、普段はお子様の手の届かないところに置くようにすると、事故予防になります。特に3歳未満の小さなお子様の場合は、装飾品を間違って口に入れたり、飲み込むこともあります。作業中だけでなく日頃から管理面での注意が必要です。

クリスマスツリー装飾を大人っぽくしたい場合

クリスマスツリー装飾を、大人っぽくする際のポイントを紹介します。
オーナメントを豊富に装飾するだけでなく、部屋に合わせた楽しみ方もできます。シンプルにまとめるのも大人っぽく見えるポイントで、壁の余白や部屋のインテリアと組み合わせた大きさのクリスマスツリーを選ぶといいでしょう。その場合は、ネットや実店舗などでカラーや大きさを確認した上で、自分の部屋に合ったものをチョイスします。
色合いもポイントで、赤や緑を基調としたオーソドックスなタイプだと、単調で子供っぽい印象になることもあります。ファイバーツリーも選択肢に入れて、白やゴールドなどを上手に組み合わせると、煌びやかで大人っぽい印象に仕上がります。シンプルな仕上がりにする場合は、色やオーナメントの種類を抑えめにすると効果的です。

装飾したクリスマスツリーの設置場所選び

装飾したクリスマスツリーは部屋のインテリアとしての活用はもちろん、皆が集まる場所に設置すると、楽しさを共有できます。
家庭の場合はリビングダイニングに置くといつも目に入りますし、大人数の方がいる所では共有スペースに設置するといいでしょう。カラフルなものや、白青など色を抑えたシンプルなタイプなど、さまざまなタイプがありますが、ファイバーを輝かせても更に雰囲気を高めることができます。
リボンやカラースプレーを、アイテムの一つとして利用することも可能です。目線の高さに合わせたキャンドルやアニメキャラクターのブリリアンライトを近くに置くことでも、演出を華やかにすることができます。ただし防災には十分配慮しましょう。
小さなスペースである玄関やトイレなどに設置する方法もあります。たとえ小さなクリスマスツリーでも、気分を盛り上げるのに一役担います。

カタログスタンドは卓上タイプからスタンドタイプまで豊富な種類を取り揃えております。 ネット用カゴや傾斜棚を使ってさまざまな陳列が可能です。 アンティーク調のディスプレイテーブルは各デザインと色ををご用意しました。 ネストテーブルは2台組み合わせてお使いいただくと便利です。 多段テーブルはガラス天板と木製天板を取り揃えております。 クリスマスツリーを装飾するならストア・エキスプレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

クリスマスツリーがファイバーツリーの場合の装飾

クリスマスツリーがファイバータイプの場合は、それだけで輝きをもたらしますから、装飾無しでも十分に楽しむことが出来ます。そのため、初心者でも十分に楽しめます。高さも高低それぞれにあり、設置場所に合わせた...

クリスマスツリー、装飾選びはカラーもポイントです

クリスマスツリーを選ぶにあたり、カラーもポイントになります。定番の緑だけでなく、明暗が分かれた色合いのものや、よりリアルなものなど、各業者はさまざまなアイテムを取り扱っています。その際の選び方のポイン...

高さに合わせることが大切!クリスマスツリーの装飾

クリスマスツリーの高さに合わせたオーナメント装飾のポイントを紹介します。店舗で取り扱っているクリスマスツリーは90cmのものをはじめ、さまざまな大きさのものがあります。高さが大きくなるにつれて、オーナ...

クリスマスツリー装飾のオーナメントについて

ツリー装飾をするにあたり欠かせないアイテムの一つとしてボールをはじめとしたオーナメントがあります。大きさに合わせたものを選ぶことで、きれいで見栄えの良い印象を与えます。クリスマスツリーの表面積の20%...