高さに合わせることが大切!クリスマスツリーの装飾

   

クリスマスツリーの高さに合わせたオーナメント装飾のポイントを紹介します。
店舗で取り扱っているクリスマスツリーは90cmのものをはじめ、さまざまな大きさのものがあります。高さが大きくなるにつれて、オーナメントの数も増えていきます。
その際、ボールだけの装飾だとどこかさびしい印象になる場合もあります。電飾やアクセントとなるデザインのオーナメントを使用することで、華やかな印象を与えます。
クリスマスツリーの前面のみ装飾する場合や小さなタイプのものは、少なめでも問題ありません。オーナメントが多くなったり電飾をつけたりすることで、ツリーにも相応に重量がかかりますから、その点を踏まえてワイヤー止めなどの対策は必要です。

クリスマスツリーの大きさに合わせた設置場所、装飾選び

クリスマスツリーは、季節イベントにおける主役の一つです。設置場所に合わせた選び方と装飾におけるポイントを紹介します。
テーブルに飾る場合は、小さめのタイプがいいでしょう。テーブルの中央に置くことに合わせて、シンプルな装飾をする楽しみ方もあり、家族がいる方でも十分雰囲気を堪能することができます。
家庭の玄関など、目立つ場所に設置する場合は、120cm以上などの少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。一般的な家庭の玄関の、床から天井までの高さは230cm程度です。小さすぎても存在感を薄めてしまい、天井ギリギリで大きすぎても圧迫感を与えてしまうことになります。店舗や教育機関など、広めの空間があるところでは、210cm以上の大きめサイズのものを選ぶことが多いです。

クリスマスツリーや装飾を片づける際のポイント

ツリー及びオーナメントなどの装飾は、クリスマスを終えると翌年まで使用することはありません。時期が過ぎると速やかに片づけなくてはなりません。
それぞれの箱に収納する場合が多いですが、片づける場所がないと困ります。トラブルを防ぐためにも、予めクローゼットなどの収納場所を確保した上で購入するようにしましょう。
近年ではインターネットでも取り扱っている店舗が多いです。クリスマスツリーは高さだけでなく、相応に幅や重さがかかります。それぞれ表示されていますから、設置場所とともに確認することが大切です。スリムタイプのものだと、片づけの悩みを少なくすることができます。クローゼットに収納する際には、湿気や天候に注意し、害虫対策を施すことで、長くいい状態でクリスマスツリーや装飾品を使用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

クリスマスツリーがファイバーツリーの場合の装飾

クリスマスツリーがファイバータイプの場合は、それだけで輝きをもたらしますから、装飾無しでも十分に楽しむことが出来ます。そのため、初心者でも十分に楽しめます。高さも高低それぞれにあり、設置場所に合わせた...

クリスマスツリー、装飾選びはカラーもポイントです

クリスマスツリーを選ぶにあたり、カラーもポイントになります。定番の緑だけでなく、明暗が分かれた色合いのものや、よりリアルなものなど、各業者はさまざまなアイテムを取り扱っています。その際の選び方のポイン...

高さに合わせることが大切!クリスマスツリーの装飾

クリスマスツリーの高さに合わせたオーナメント装飾のポイントを紹介します。店舗で取り扱っているクリスマスツリーは90cmのものをはじめ、さまざまな大きさのものがあります。高さが大きくなるにつれて、オーナ...

クリスマスツリー装飾のオーナメントについて

ツリー装飾をするにあたり欠かせないアイテムの一つとしてボールをはじめとしたオーナメントがあります。大きさに合わせたものを選ぶことで、きれいで見栄えの良い印象を与えます。クリスマスツリーの表面積の20%...